学生ローンと奨学金の違い

学生ローンと奨学金の違い

学生自身がお金を借りられるといえば、学生ローンや奨学金があります。
学生ローンと奨学金との違いをみていきましょう。

奨学金は、公的なものから民間のものまで、数多くの種類があります。
中には優秀な学生・一定以上の成果をあげた学生は返済しなくてよいという奨学金もありますが、
大抵の奨学金は返済しなくてはいけません。
ただ、学生ローンと違うのは、奨学金は学生が卒業後、働いて返済すれば良い、というところです。
学生ローンは、借りたらすぐ、月々返済していかないといけませんから、この点が大きな違いですね。

それから、奨学金は手続きが複雑です。
学生ローンのように、学生証や免許証だけでほとんどすぐ借りられるのとはちがい、
奨学金はたくさんの書類を提出する必要があります。
また、奨学金の場合は親などが保証人になる必要もあります。

また、奨学金は重複して借りることができない場合があり(つまり、他の奨学金をもらっていたら借りられないこともある)、卒業までの最短年数分までしか借りられないので、留年や休学をして在学年数が増えてしまうとお金が足りなくなるということもありますから注意が必要です。
この点と比較すれば、学生ローンはいつでも借りられますね。

学生ローンと奨学金の違いを理解し、うまく使い分けて下さい。

    あなたにお薦めWEBインフォメーション

  • 社内規定の作成や自社で第二種金融商品取引業の登録業務を行いたい企業の書類作成サポート業務もおこなっているサイトなら、実際に面談をおこない、希望に合わせた手続きをしてくれるのでオススメです。

Copyright(C) 学生ローンについていろいろ調べてみました All Rights Reserved.