学生ローンの情報はいつまで残るのか

学生ローンの情報はいつまで残るのか

学生ローンを借りる際に気になることのひとつは、
「学生ローンを借りたという情報はいつまで残るのか」ということだと思います。
いわゆる「信用情報」の問題ですね。

いつ、どこから、いくら借りて返済状況はどのようになっているか(完済したとか遅延事故がいつ発生したとか)
などということは「信用情報」と呼ばれます、

さて、この信用情報、自己申告ではありません。
「信用情報機関」に登録され、各金融機関で共有されている情報です。
信用情報機関には「株式会社日本信用情報機構」や「株式会社シー・アイ・シー」「全国銀行個人信用情報センター」といった種類があります。

これらの信用情報機関では、問い合わせなどの履歴は6か月、
利用(お金を借りたり返済したり)の履歴は完了後5年間は登録されているようです。

これらの信用情報が残っていると、就職活動に不利になってしまうのかという心配もあるでしょう。
基本的に、新入社員の採用時に、この信用情報が調べられるということはないそうです。
ただし、銀行などのお金を取り扱う職業に就こうとする際は、チェックされてしまう可能性もあるといううわさもあるので、注意するに越したことはありませんね。

自分の信用情報がどうなっているのかは、インターネットからでもすぐ見ることができますので
気になる方は一度チェックしてみましょう。

    Copyright(C) 学生ローンについていろいろ調べてみました All Rights Reserved.